短い期間の雇用でありつつも一般的な仕事に比較すると著しく得られる収入が多いとしてよく知られているのが期間工ですが、そもそも得られる収入が大きくさせられるのは給料額が良い事に限らず企業側が用意してくれている食堂が利用できて生活費が大幅に抑えられるという点も関係しています。

つまり、本来であれば生活を成り立たせるために出費しなければならない支出を全て貯蓄させられるが故に金銭的に余裕が持てるようになるのですが、比較的特殊な雇用形態により仕事に向き合うという特性上申し込みを行う前に自身が環境に適応できるのかも含めて十分に検討しなければなりません。

まず、期間工として働く事により最も強く感じられるメリットは金銭面であり、他のアルバイトや仕事では到底得られない程の賃金が約束されています。
年収の平均は300万円以上で推移していますし、その中でも既に経験があったり技術力が高いと判断されている方については450万円以上を得ている事もあります。
他の仕事に目を向けてみた場合、未経験であるのに当初から300万円以上を得られる仕事というのは無いに等しいため、とにかくすぐにお金を用意したいという方には絶好の働き方です。

実際に貯金額を増やしたいというシンプルな希望を抱いて面接を受ける方の他に留学を考えていて留学資金を得るために働いていたり、大学に入学し直してもう一度学びを深めたい方が学費を得るために面接を受けている事例も稀有ではありません。
他にも他には無いアイディアを持っているものの、実現させるためにはお金が足りずに一時的に期間工で働きこれから夢の実現に目指していくという方も居ます。
昨今は現代人の働き方について議論される事が増えており、中でも残業代の未払いや長時間の拘束といった労働環境について重きが置かれて議論が繰り返されていますが、期間従業員にとっては劣悪な労働環境の問題は全く他人事に感じるほど恵まれています。
現代では中小企業に限らず大手企業や国の直下にある機関でさえ、長時間労働が問題視されている上に残業代や休日出勤手当が得られない事が社会問題化していますが、期間工は残業代と休日出勤手当がしっかりと支払われて安心です。

当然、労働時間を本来よりも少なく記録するように指示されたり、休日出勤をしているのに休んでいたように記録するように指示される事もありません。
しかも、より一層お金をたくさん得たいと考えている方の場合は予め上司などに対して伝えておけば、平均的な労働時間よりも長くシフトを組んでくれますし、支払額が割増になる深夜や休日を増やしてくれます。

休日出勤や深夜のシフトを増やしてくれる時にはたとえ本人が申し出て希望した事であったとしても、体調面などきっちりと本当に問題が無いか心配して頂けるため精神的にも小さな負担で働き収入が得られるようになります。
また、距離的に自宅などから難なく通勤する事ができる方の場合は入る必要はないですが、遠方から出稼ぎに来ている方などの場合は仕事を終えた後に帰宅する事ができないため生活環境を整えなければなりません。

寮の充実なども期間工の重要なチェックポイント

そこで、会社により期間従業員のために設けられた寮が用意されているのですが、寮で生活している場合は生活に際して使用した水道代や電気代などが全て無料です。
尚且つ社員食堂が併設されている場合だとどれほど安価な食堂でさえ見られない程の低価格で美味しいできたての食事を頂く事ができ、自炊の手間が省ける上に栄養管理も徹底され健康的な生活ができます。
そうした健康的な食事と労働環境の元で働くようになってから健康診断の数値が全て健康状態に戻ったという方も多いですし、健康状態を知るための健康診断も会社の負担で受けられるようになります。

こうした期間工は大変魅力的でメリットが多いため、正社員にならずあえて期間従業員を転々として生活を成り立たせている方も多いのですが、やはり期間従業員ならではのデメリットもあります。
それは、体力勝負の現場が多いため女性の採用が見送られる事例が多い上に、男性であっても体力的に不安材料があれば採用面接を通過する事ができないという事です。
実際に面接を受けた時に握力計を握らされ、規定の握力の数値に到達していないという理由から採用が見送られてしまったという事例もあるほどです。

そして、期間工を採用して経営をしている会社の工場というのは基本的に24時間365日休む事なく工場を稼働させ続けているため、雇用される側としてはシフトに統一性が無くなります。
そのため、朝の早い時間から夕方頃までの平均的な時間で働く日がある一方で、夜から朝まで働くといった夜勤に従事しなければならない日もあります。

日々異なるシフトで仕事をするというのは若年層であっても身体に生じる負担は大きく、体力が追いつかずに早い段階で現場を去ってしまうという方が多く、収入が多いという理由も勤務時間に影響している側面が強いです。

投稿日:

Copyright© 期間工になろうぜ!2018年版おすすめの期間工を比較するブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.